自分のお金を使う株式投資は何が何でも勝ちたいですよね。ですが、負ける人が大多数の中、勝っている人がいるのも事実。そこにはどういう差があるか考えたことがありますか?当サイトでは自身の経験談ですが株に対する考え方を解説したいと思います。

日本鋳造の株に投資をするときの手数料は

日本鋳造の株に投資をする時にかかる手数料はどのぐらいかというと、それは証券会社によっても異なります。
一般的に株式投資の手数料というのは、約定代金によって決まる場合が多いのでそれを元にしていくらかかるのか、各証券会社をチェックしてみると良いでしょう。
日本鋳造の株は1000株単位から購入をすることができ、現在100円近辺を推移しているため100円だとして計算をすると1000株の購入では約定代金が10万円ということになります

ネット証券の場合には約定代金が10万円以下の場合、手数料は100円ちょっとしかかからない場合が多いので、買って売るといった一往復をした場合大体300円ぐらいの手数料が発生することになります。
また、ネット証券会社の中には10万円以下の取引に関しては手数料がかからないという、ところもあるので費用を抑えたい場合にはこのような証券会社を利用してみると良いでしょう。

しかし、これはあくまでもネット証券の話であり店頭証券の場合には、手数料が1000円以上かかることも珍しくなく、1000株単位だと手数料だけでもかなりの金額になってしまうということがあります。
売りと買いでどちらも費用が発生することになるので、仮に片道1500円かかるとした場合往復で3000円の費用が発生してしまうことになるため、三円以上上昇しなければ日本鋳造で利益を出すことができなくなってしまいます。
そのため、店頭証券の場合少額の投資をするのは不向きなものとなっているので、できるだけ費用を安く抑えたいというのであれば店頭証券ではなく、ネット証券を利用したほうが手数料を格安で抑えることができるので少額投資には最適です。