自分のお金を使う株式投資は何が何でも勝ちたいですよね。ですが、負ける人が大多数の中、勝っている人がいるのも事実。そこにはどういう差があるか考えたことがありますか?当サイトでは自身の経験談ですが株に対する考え方を解説したいと思います。

2015年における富士通と京セラの株価推移や騰落率

2015年12月30日、日経平均株価は9%ほど上昇して1年の取引を終えました。では、日本を代表する個別企業株についてはどうだったでしょうか。東京証券取引所第1部に上場している2つの有名企業を取り上げ、2015年におけるその株価推移や年間騰落率に注目してみましょう。
まずは富士通です。2014年最後の終値が644.3円であった富士通株は、2015年1月5日、この年の最初の取引を643.0円という始値でスタートしました。その後、富士通の株価は春先まで順調に上昇し、3月下旬には870円という年初来高値を付けます。しかし、4月半ばに大きな下落を経験し、その後も十分な回復をみないまま、年の後半に突入します。その後もさえない値動きが続き、10月上旬には年初来安値503円を記録しました。結局、年末の株価は年初の水準を下回り、2015年12月30日、には606.9円という終値を付けて1年の取引終了を迎えます。この終値を前年最後の終値と比較した騰落率はおよそ5.8%のマイナス、同年最初の始値と比較しても5.6%のマイナスという結果でした。
では次に、京セラに注目します。同社の株価は、2014年最後の終値が5,556円で、2015年最初に付けた始値は5,518円でした。新年早々、1月半ばには5,045円という年初来安値を付けますが、それ以降は春ごろまで堅調に推移して、4月下旬には年初来高値7,207円を記録します。しかし、その後は下落基調に転じ、年末までその傾向が続きました。結局、2015年の最後に着けた京セラの終値は5,654円です。これを前年末の終値と比較すると、その騰落率は約1.8%のプラスとなります。また、年初の始値と比較すれば、京セラ株は1年間で2.5%ほど上昇したことになります。